トラックドライバー入門編!仕事内容と必要な免許とは?


トラックドライバーの仕事とは

トラックドライバーはトラックの大きさで仕事が変わってきます。大きさは主に、小型、中型、大型の三つ。小型トラックドライバーの仕事は、普通免許で運転できるトラックで荷物を配送する業務が多いです。未経験者は、小型トラックドライバーから始めるのがよいでしょう。中型トラックドライバーの仕事は、片道約500km未満の距離を運転して荷物を運ぶ仕事が多いです。大型トラックドライバーの仕事は、長距離を運転して荷物を運ぶ仕事です。長時間一人で運転しなければいけないので、人と関わるのが苦手な人には向いています。

トラックドライバーに必要な免許とは

小型トラックドライバーになるには、普通自動車運転免許が必要です。2017年3月12日まで(道路交通法改正前 )に取得した普通自動車免許を持っていると、車両総重量か?5トン未満で最大積載量が3トン未満の車両を運転することか?て?きます。2017年3月12日以降(道路交通法改正後)に取得した普通自動車免許を持っていると、車両総重量か?3.5トン未満で最大積載量が2トン未満の車両を運転することか?て?きます。

中型トラックドライバーになるには、中型自動車免許が必要です。車両総重量か?11トン未満で最大積載量が6.5トン未満の車両を運転することか?て?きます。中型自動車免許の受験資格は「20歳以上で、2年以上普通自動車免許を持っていること」。大型トラックドライバーになるには、大型自動車運転免許が必要です。車両総重量か?11トン以上で最大積載量が6.5トン以上の車両を運転することか?て?きます。受験資格は「21歳以上て?、普通自動車免許を3年以上持っていること」です。

トラックドライバーの求人で見ておきたい点として給与や福利厚生なども重要ですが、勤務時間や配送ルート、何を運ぶのか?という点も非常に大切です。