世界で仕事ができるプラント設計を選ぶ?安定して働けるプラントメンテを選ぶ?


プラント設計は日本だけでなく海外でも働ける

物を作るには工場が必要で工場を作るには設備が必要になります。複雑なものを作る工場では設備を組み合わせる必要があり、その時に活躍するのがプラントの設計士になるでしょう。それぞれの工場で何を作るかにより、効率的に高品質なものを作れるような設計をしなければいけません。日本にはプラントを作る大手会社がいくつもあり求人も多くあります。大手会社であれば日本だけでなく海外でのプラント製造にもかかわっていて、プロジェクトによっては海外での勤務も可能になるでしょう。日本と海外のプラントでは規模が異なり、中国やアフリカなどでは日本にはないような工場が作られて大規模に製造を行っています。大きな工場に興味があるなら海外での実績のあるプラント会社を選ぶといいでしょう。

メンテナンス業務は安定した仕事

物には耐用年数があり永遠にそのままの状態を維持できるわけではありません。プラントではトラブルなく稼働する必要がありますが、毎日のように稼働をしていれば異常が発生する可能性があります。プラントで発生するであろうトラブルを防ぐための仕事としてメンテナンスがあり、プラントを製造した会社であったりメンテナンスを専門的に行う会社などに採用されればその業務に就けます。プラントメンテナンス業務のメリットとしてはそのプラントが稼働し続ける限りは仕事ができる点でしょう。大規模な工場となると耐用年数が数十年以上のところもあるので、将来同じ現場で働き続けられるかもしれません。同じ現場でのメンテナンスなら業務内容もあまり変わらず楽に感じるときもあります。

プラントの転職では、化学プラントや石油プラントなどの求人が多いです。仕事内容も設計から施工、メンテナンスまで多岐に渡ります。