期間工になる場合知っておきたい寮のある工場の暮らし


寮生活をする場合工場との距離を知る

期間工として工場で働く場合には、寮生活をすることができるところもあります。寮生活の魅力は自分で賃貸物件を借りるよりも安く済むことができる点です。部屋も6畳ぐらいのところが多く、その空間を一人で利用することができるのも大きな魅力でしょう。後は、実際に工場で働く場合工場からの距離がどれぐらいになるかを気にしておかなければいけません。工場との距離が遠ければ、その分だけ通勤で苦労するでしょう。特に雨が降っている場合には通うのが大変なことも少なくありません。可能な限り工場から近いことが理想ですが、200メートルぐらいの距離ならば、徒歩2分から3分程度で通うことができるため便利です。

食事やお風呂などはどのようになっているか

期間工で寮生活をする場合には、食事がどのようになっているかも見ておく必要があります。ある程度大きな寮になれば食堂が完備されており安く食事をすることが可能になります。夕食を食べるだけで300円程度しか支払わなくてよく、おかわりも自由なところも少なくありません。もし食堂がなければ、自分で炊事をするかコンビニなどでお弁当を購入する必要があります。この場合には、コンビニやスーパーとの距離も頭に入れておきたいところです。お風呂に関しては、部屋の中にある事はあまりありません。それよりも、寮の中にお風呂が完備されておりそこで清潔に体を洗うことができるでしょう。もし寮の中にお風呂がない場合には、シャワー室が設置されていることもあるでしょう。

期間工は、採用直後に自分が担当する基本的な技術について学ぶのが一般的で、特別な技術に関しては必要ないのがほとんどです。