電話での面接での注意点や意識すべきこととは


電話での面接が増えている

就職と言えば面接ですが、最近では対面式ではなく、ネットや電話を使った面接というのも増えてきています。そのため、これから転職活動をする人は、この電話を使った面識に出くわす機会も多くなります。面接管から好印象を得て就活を有利に進めるためには、普通の面接だけでなく電話での面接の対策や準備をする必要があるでしょう。

電波の状況が良く静かな場所で面接を受ける

電波が悪い所だと、音声が途切れて会話の受け答えがしにくくなってしまいます。回答に制限時間が設定されていると、自分の伝えたいことを伝えきることができず、面接が不利になってしまうでしょう。また、ガヤガヤとうるさい場所も電波が悪い所と同様、面接管との会話がしづらくなります。自分の評価を下げることがないよう、充電をしっかりしておき、落ち着いて面接できる場所を確保しておきましょう。

メモ帳や参考資料をしっかりと用意

面接では相手の言ったことをしっかりと記憶しておかなければなりません。話したことを忘れ、何回も聞き返してしまうと印象があまり良くないので、大切なことはメモを取りながら面接を進めましょう。また、参考資料を手元に置いておき、随時確認することで話がスムーズになります。電話面接は質問になるべく素早く答えるということが大切なので、コミュニケーションをスムーズにするためにも参考資料は用意しておきましょう。

ハキハキと明るい声で話す

対面式と違い、電話面接では姿や表情が見えないため、声だけでどういう人間なのか判断されます。ハキハキと明るい声で話すことで、コミュニケーション能力が高い人だという印象を相手に与えることができるでしょう。ハキハキと話すことで話の内容が相手にスムーズに伝わるだけでなく、自身があるようにも見えて良いイメージを与えることができます。

仕事探しをする際に目を通しておくべきところは雇用形態と給与、福利厚生や交通費、勤務地や勤務時間、休日です。